プロジェクト [ 絶滅危惧植物 ]

「湿地」に生育する植物

湿地は谷や川の後背地に広がりヨシ、ガマ、スゲ、などが優占し、あまり目立たない草本植物が生育しています。

ホソバニガナ、ミクリ、マイヅルテンナンショウ、ミズトンボ、ミズアオイ、タチスミレ、ヒメアマナ、ハナムグラ、タコノアシ、イシモチソウ、ヒトツバタゴ、ナガバノイシモチソウなど。

【イラスト:ホソバニガナ】
ホソバニガナ
(キク科)
多年草。茎の長さ16〜65cm。根出葉は線状披針形。長さ5〜12cm。
自然遷移、池沼開発、土地造成。
【イラスト:タコノアシ】
タコノアシ
(ユキノシタ科)
河岸原野のほか泥湿地や休耕田などにも生える多年草。茎は直立して高さ30〜80cm。花期は8〜10月。
湿地開発、河川開発、土地造成。
【イラスト:ヒメアマナ】
ヒメアマナ
(ユリ科)
湿った原野に生える。多年草。キバナノアマナに似ているが鱗茎は広卵形で長さ8〜15mm。
草地開発、土地造成、森林伐採。
【イラスト:ナガバノイシモチソウ】
ナガバノイシモチソウ
(モウセンゴケ科)
湿地に生える1年草。茎は高さ7〜20cm、葉は狭線状で4〜7cm、表面に長腺毛が多い。
土地開発、園芸採取、自然遷移。

「川辺」に生育する植物

「川辺」は流路のへりにあたり、しばしば増水によって冠水する不安定な場所で、タデなどの1年草植物からヤナギ類、ハンノキの群落まで多くの植物が生育します。カワラノギク、ハナノキ、チョウジソウなど。

【イラスト:チョウジソウ】
チョウジソウ
(キョウチクトウ科)
川岸や原野のやや湿った草地に生える多年草。花冠は青藍色。径約13mm。裂片は狭長楕円形で、平開する。
湿地の開発、植生の遷移、土地造成。
【イラスト:カワラノギク】
カワラノギク
(キク科)
河原に群生する多年草。花は10〜11月。頭花は径3.5〜4cm、散房状または円錐状につく。総苞は長さ7〜10mm、片は2列。
河川開発、その他。

※図版の説明文は2000年のレッドデータブックから抜粋引用しました。

このプロジェクトの記事: « 開発による水辺植物の危機[2](資料p5)里山と半自然草地(資料p7) »

このページの上部へ▲