山田久美子 Yamada, Kumiko

【山田久美子:キイジョウロウホトトギス(ユリ科)Tricyrtis macranthopsis】
キイジョウロウホトトギス(ユリ科)Tricyrtis macranthopsis

沢山の花をつけたキイジョウロホトトギスを見てうれしくなった。
つぼみ、花、花の後の様子がわかるように考えた。花の表情や葉の色の変化に苦しんだ。

【山田久美子:ナツメ(クロウメモドキ科)Ziziphus jujuba】
ナツメ(クロウメモドキ科)Ziziphus jujuba

9月中旬、近くの公園でナツメの果実が色づいてきた。陽光に映える葉の間から見える茶褐色の果実の輝きを表現したかった。初夏、葉腋に淡黄色の小花をつけ、花が終わるとすぐ小さな緑色の球になった様を想い乍ら描く。
透明水彩 (44.8×33.0cm)

作者 プロフィール

山田 久美子 Yamada, Kumiko(東京都)

100周年を迎える植物観察会のメンバーでもあるので退職後は植物に関するものをと考えて植物画を習った。
植物画コンクールで、1997年:筑波実験植物園長賞、1999年:国立科学博物館長賞、2002年:筑波実験植物園長賞をいただいた。
所属する複数のクラブ展に出品したり、公募展に出品し、楽しんでいます。

*科名、学名は作品掲載当時の図録に基づき表記しております。
▲ページ先頭へ