【布施ヒデ子:キュウリ( ウリ科)Cucumis sativus】

キュウリ( ウリ科)Cucumis sativus

自宅テラスにある鉢で育てたキュウリである。初めて育てる事でその過程が分かり、とても興味深く感じられた。手作りなので真っ直ぐではないが、雌しべから育ち始めのキュウリに、水滴の様な沢山の玉がついていて不思議だった。
(透明水彩 44.3×19.2cm)

作者 プロフィール

布施 ヒデ子 Fuse, Hideko( 東京都)

学生時代は油絵を専攻し、専門校でも油絵でしたが、2年の時就職の為、突然デザイン科に変更。念願のデザイナーとして長年やってきましたが、政界の印刷物からマンションの凡例付間取りから画像処理、パッケージデザインとありとあらゆる仕事をしてきました。55才の時、脳梗塞の病気で足が少し不便になり、仕事を離れてから植物画に興味を持ち、小林英成先生の教室で描いています。仕事柄、商品を浮き立たせる為、背景にバックをつける事があったので植物画にしても時々バックに凝っています。

このページの上部へ▲


カテゴリーでブラウズ

並びは五十音順です。

作者名

植物名(作品名)