飯西公子 Iinishi, Kimiko

2017年10月 1日

【飯西公子:クズ(マメ科)Pueraria lobata】

クズ(マメ科)Pueraria lobata

荒地などでグングン蔓をのばし、ほのかな香りの花をつけるクズ。
太宰府に住んでいた時、隣のおばあさんが「戦時中にはこのクズの根を平たい石の上でたたきデンプンをとり、乾し、くず粉にしてお湯でとき、砂糖をかけ飲んだものだね。枯葉は、タバコ代りにキセルにつめて吸ったりしてた男衆もいたけどね。」と話して下さいました。 今は、やっかいもののクズも、当時は、ありがたい草でした。

【飯西公子:ハイビスカス (アオイ科)Hibiscus】

ハイビスカス (アオイ科)Hibiscus

友人から贈られたもので「ゴールデンハイビスカス」。夏にはよくにあう情熱の赤花系は手のひらほども大きく、新しい枝には次々と咲きます。太陽の光に濃く艶やかな緑の葉、濃い赤い花で、毎日トロピカルな気分を味わえます。(透明水彩 34.2×24.2cm)


作者 プロフィール

飯西公子 Iinishi, Kimiko(香川県)

主人の転勤で、今から20年前は大宰府に住んでおりました。
知らぬ地での生活は淋しくもあり、また、心せわしい日々でした。
九州の自然豊かなロマンを感じられる地で過ごせることには満足でした。
まだ見た事のない草木、花との出会いもあり、快い思いでしたが、私には親しく語り合える友人がいませんでした。
友人との出会いを望み、NHK福岡カルチャーセンターに入会。思いの通り、素敵な友人にも出会えました。
時間の限りおしゃべりもし、植物画についても語り、励まし合って1枚1枚描きためた植物画と友人との思い出がファイルされ、アルバムとなり宝となっております。

このページの上部へ▲


カテゴリーでブラウズ

並びは五十音順です。

作者名

植物名(作品名)