【大村セツ子:カラー(サトイモ科)Zantedeschia aethiopica】

カラー(サトイモ科)Zantedeschia aethiopica

ガーデンセンターで購入した鉢物のカラーを描きましたが、白系の花は、画紙が白いので特に表現が難しく、私は白い絵の具は使用せず、光と陰(明暗)で立体感が出る様に努力しましが、思いの外苦労した作品の一つです。
今年も綺麗に咲きました。

【大村セツ子:パフィオペディルム( ラン科)Paphiopedilum 】

パフィオペディルム( ラン科)Paphiopedilum

リップが袋の形をした独特の花形と、葉は斑入りの物を選び、側花弁も丸弁ではなく細長く捩れて垂れ下がっているタイプ。気品と渋さを如何に躍動感をもって表すか、神秘的な「芸」を持つ花に仕上げようかと苦心した。(透明水彩 38.5×29.2cm )


作者 プロフィール

大村セツ子 Ōmura, Setsuko (神奈川県)

千葉県銚子市出身、現在は神奈川県相模原市在住。倶楽部入会以来 東京展、兵庫展等にはできる限り出展する様に心掛けています。その都度 皆さんの力作に感動し、又、刺激を受けこれからの自分の励みに繋がっています。日課にしているウォーキングでは道端の小さな花々に目を向けては心が和み、また、ガーデンセンター巡りも楽しみの一つになっています。色々な花の中でも蘭の花が特に好きでとても神秘的なので描くことが多いです。絵を描く以上に手入れが大変で幾鉢か駄目にしてしまったのですが、めげずに頑張っています。四季折々 その都度今にも咲こうとしている花を見たりしては生命の息吹を感じます。庭の手入れも大好きです。

国立科学博物館主催 第29回植物画コンクール
(一般の部)国立科学博物館長賞を受賞 作品名「ワサビ」


このページの上部へ▲


カテゴリーでブラウズ

並びは五十音順です。

作者名

植物名(作品名)