【篠田孝子:ザクロ( ミソハギ科)Punica granatum】

ザクロ( ミソハギ科)Punica granatum

友人の庭に毎年実が成るザクロ。葉は対生で初夏には花をつけ、花弁は6枚雄しべは多数ある。果実は花托の発達したもので、多くのビタミン、ミネラルを含む。果肉(仮種皮)の一粒ずつに種子がある果肉の表現が難しく苦労した。
(透明水彩 38.7×29.3cm)

作者 プロフィール

篠田孝子 Shinoda, Takako( 大阪府)

偶然ボタニカルアートの作品展を拝見する機会があり、繊細で生き生きとした表現に感動し、私も描いてみたい衝動にかられました。 仕事を持っていたのでなかなか一歩が踏み出せなくていましたが、なんとか時間を作ろうと思い、いきなり教室を訪ね入会しました。植物は好きでしたが植物学と言う観点から植物を見た事もなく、教えて頂くと神秘的な生態にも興味を持つことが出来、植物への思いが変わりました。子供の頃以来初めての絵は、見ると描くとでは大違いで落ち込みましたが、今では絵を描いている時、構想を練っている時、描きたいものを種や球根から育てながら楽しむことが私の中では癒しのひと時になりました。植物画は奥が深く常に丁寧に描くことを心がけながら続けて行きたいと思います。
<展示>
和泉市久保惣美術館:2010年5月~毎年(1回~2回)
花の文化園主催 ボタニカルアート展:2010年10月~毎年 1回
堺市都市緑化センター:2012年8月~常設展示(2~3ヶ月で入替)
国際美術展 日本・Poland交流展 海岸通りギャラリー・CASO:2013年4月
ナチュラルガーデン: 2012年4月~2015年11月
逢喜の郷 個展:2016年6月 


このページの上部へ▲


カテゴリーでブラウズ

並びは五十音順です。

作者名

植物名(作品名)