【和智はな子:エビガライチゴ(バラ科)Rubus phoenicolasius】

エビガライチゴ(バラ科)Rubus phoenicolasius

山道を散策していた時にトゲトゲした姿が印象に残り、都会のフラワーショップで見かけ、野生のイチゴであることを知りました。
信州でその生き生きとした迫力ある姿に出合え描いてみました。

【和智はな子:オトコヨウゾメ(レンプクソウ科)Viburnum phlebotrichum】

オトコヨウゾメ(レンプクソウ科)Viburnum phlebotrichum

草花を描くことが多かったのですが紅葉した葉と赤い実が面白くて描きはじめました。
春の葉と花もかわいらしく、描き足していきました。

作者 プロフィール

和智はな子 Wachi, Hanako(東京都)

都会で過ごし、その後、自然の豊かな環境で暮らすようになってから山野草図鑑がいつも側にあり、ページを開いては楽しんでいました。
趣味の水彩画で身近な草花を描いてみたくなり、植物画の教室に通いはじめました。
心ひかれる植物と向き合い観察して作品にしていく過程が、実は多くのことで私を育てていると感じるこの頃です。

このページの上部へ▲


カテゴリーでブラウズ

並びは五十音順です。

作者名

植物名(作品名)