日本の絶滅危惧植物図譜
Engangered Plants of Japan : A Florilegium

  • 植物画制作:日本植物画倶楽部
  • 監修・解説:大場秀章(東京大学総合研究博物館教授・リンネ学会フェロー)
  • 英訳:大槻葉子(リンネ学会フェロー)
  • 英訳監修:M. グリフィス(リンネ学会フェロー)
  • 発行:(株)アボック社
  • 【普及版】 A4 / 上製 / 植物画182点 400頁 オールカラー / 定価 10,080円(送料無料) (会員価格 9,072円)
    【限定特装判】 A4 / 箱入 / 植物画182葉+解説冊子 / 定価 25,715円(送料無料)(会員価格 23,144円)


クリックで拡大

日本には、シダや種子植物5,000種(亜種や変種まで含めると約7,000種)が野生しています。そのうち約4分の1の「野生状態での生存」が危惧されています。それは、世界に誇りうる「豊かで多様」な日本固有の自然が失われることをも意味します。

日本の自然と、それが置かれている状況を見つめなおすきっかけとなれば...そんな願いをこめた植物を愛するアーティストたちの取り組み...それが世界にも例がない「自然保護活動」の新しい形として注目され、その思いと持続的な活動が実を結び本書が誕生しました。

ムニンノボタン、オニバス、キキョウほか植物画182点収載。平易ながら資料性豊かな植物解説、また世界的な関心事であることを踏まえ、その英訳も掲載しました。

カバー表紙絵
右上下:トガサワラ/ Plate 5
左上:ジンリョウユリ/ Plate143
左中:ムニンノボタン/ Plate64
左下:マイヅルテンナンショウ/ Plate126

« 出版物トップへ戻る