岩井幸恵 Iwai, Sachie

【岩井幸恵:ミツバアケビ(アケビ科)Akebia trifoliata (Thunb.) Koidz】
ミツバアケビ(アケビ科)Akebia trifoliata (Thunb.) Koidz

里山を散策中、見つけたミツバアケビの果実ですが、図鑑でしか目にしたことのない私は、うれしくて早速描いてみることにしました。

やはり花もあるほうがと思い、翌年、その場所に花を探しに行きました。その途中竹藪を通り抜けるのですが、そこで真黒のヘビに出くわしました。驚いたのと、恐いのと両方で、花を探すのもそこそこに飛んで帰って来たのを思い出しました。

【岩井幸恵:トウモロコシ(イネ科)Zea mays】
トウモロコシ(イネ科)Zea mays

朝露に光るトウモロコシのひげ。その美しさに感動すると同時に、この1本1本が雌花の花柱・柱頭である事を知り、ますます描いてみたくなりました。友人の畑に毎朝通い、描かせてもらったのですが、真夏のことゆえ、早朝の2時間が限界。しかも流れる汗と虫との格闘で、画用紙が傷み、ぼかしができないところが出来てしまいました。

でも私にとって思い入れのある作品になり、友人と自然にとても感謝しています。

【岩井幸恵:ヒョウタンカボチャ(ウリ科) Cucurbita moschata cv.】
ヒョウタンカボチャ(ウリ科) Cucurbita moschata cv.

ちょっとした切っ掛けで、家庭菜園を始める事に。初心者にとっては作りやすく、多くの収穫があり、食卓を賑わしてくれた野菜。(透明水彩・鉛筆 38.9×29.9cm)

作者 プロフィール

岩井 幸恵 Iwai, Sachie (大阪府)

私とボタニカルアートとの出会いは、1999年地域公民館で、生涯学習としてスタートしました。当初は植物の知識も絵心も全く無く軽い気持ちで参加しました。普段目にする植物の意外な事実に驚いたり、初めて見る植物に感動するとつい描きたくなるようにもなりました。もっと植物のことを知りたいという思いも日ごと増したように思います。 ルーペの中を除いた時の感動は十年経ても薄れていないように思います。その間沢山の作品展にも参加することが出来ました。

また、ボタニカルアートを少しでも広めることが出来ればと、2006年より和泉市久保惣創作教室で指導させてもらっています。今後もゆっくりではありますが、植物との出会いを楽しみたいと思っています。

*科名、学名は作品掲載当時の図録に基づき表記しております。
▲ページ先頭へ