ギャラリー

*新着イラスト*

三反栄治 Santan, Eiji

【三反栄治:ブドウ ‘巨峰’ (ブドウ科) Vitis ‘Kyoho’】
ブドウ ‘巨峰’ (ブドウ科) Vitis ‘Kyoho’

(透明水彩 49.0×34.0cm)
2021年6月15日更新

作者 プロフィール

三反 栄治 Santan, Eiji(福岡県)

私はイラストレーションの仕事をしています。ある時花のイラストを描いているうちに出会ったのがボタニカルアートです。以前から博物画には非常に興味があり、植物画としてのその存在は知ってはいましたが、あれほどの精密さで、しかも芸術的に描けるものかと、当初美術的な側面から惹かれたのは、正直絵描きとしての興味からなのです。その後シャーリー・シャーウッドの展覧会で現代のトップの画家達の作品を見るなどして、これは本格的にやってみようと決心しました。また、ネイチャーアートに作品をシフトした先輩もおられ、後押しをしていただきました。

まず植物画の歴史や古典の技法を学ぶことから始め、国内外の本やビデオを参考にし、植物学的な表現を勉強しました。また、精密画のテクニックを学び直しました。

私は植物学を専門に学んだことがなく、素養もありませんが、学術的な植物画を基礎としつつ、アーティスティックな表現にも力を注いで制作を続けたいと思っています。

» この作者のギャラリーページ

藤原晶子 Fujiwara, Akiko

【藤原晶子:エビヅル (ブドウ科) Vitis ficifolia】
エビヅル (ブドウ科) Vitis ficifolia

(透明水彩 37.4×27.2cm)
2021年6月15日更新

作者 プロフィール

藤原 晶子 Fujiwara, Akiko (大阪府)

学生時代は細密な油絵を描いていましたが、結婚してからは長いスランプがあり、何を描いて良いのか随分悩んでいました。20年近く前、新聞でボタニカルアートと言うのを知り、これは自分に向いていると思い描き始めました。始めた頃は、植物に対してはあまり興味もなかったのですが、描いていくにつれ、自然の不思議に驚き、その愛らしさに魅了されています。

現在は伊丹、箕面、豊中、吹田の4か所で教室を開き、絵を描く楽しさと植物画の面白さを教えながら、また自分自身も勉強の毎日です。「絵」とは光と構図で成り立ちますが、植物画はそれに加え、観察力が必要です。多分こうなっているだろうなどと思い込まず、見る目を養い、これからも道端の小さな植物にも好奇心を持って、植物画に向き合って行きたいと思います。

» この作者のギャラリーページ

尾関ちづる Ozeki, Chizuru

【尾関ちづる:ハス (ハス科) Nelumbo nucifera cv.】
ハス (ハス科) Nelumbo nucifera cv.

(透明水彩 49.0×34.2cm)
2021年6月1日更新

作者 プロフィール

尾関 ちづる Ozeki,Chizuru(愛知県)

2001年春、名古屋市公募の植物画講座で植物画を始めました。
子供の頃から昆虫や図鑑が大好きでしたので、この植物図鑑のような技法に魅せられました。
受講終了後は、運よく近くに良い教室があり、続けることが出来ました。
植物好きの両親が植えた草木が庭にあり、題材にも事欠かず、まだ自然が多く残る環境にも恵まれ、今までは見過ごしていた草花を描くたびに、その精巧な造りに感動させられました。

作品の多くは自宅で育て、観察して描くことが多く、植物画は育てる楽しみも もたらしてくれます。
先日は、韓国植物画協会日韓交流展覧会の招待参加をさせていただきました。
以前より、「いつの日か、植物画を通して韓国の方々と友好が持てたら。」と、なんとなく思っておりましたので、大変感謝な事でした。

» この作者のギャラリーページ

長坂みどり Nagasaka, Midori

【長坂みどり:ボタン(栽培品種)(ボタン科) Paeonia suffruticosa cv.】
ボタン(栽培品種)(ボタン科) Paeonia suffruticosa cv.

(透明水彩 48.5×36.5cm)
2021年6月1日更新

作者 プロフィール

長坂 みどり Nagasaka, Midori (京都府)

植物画を始めたのは定年退職してからで、偶々あるところで飾られていた1枚の植物画の、風が吹き抜けるような清々しさに感動したのがきっかけです。

ネットで見つけた小西美恵子先生の作品に憧れてご指導を受け始めて6年が経ちました。花が目の前にあって気持ちは写せても、現実の作品に反映することはできません。6年経った今も描くのが楽しくて描きたくてたまりませんが、だんだんわかってくるほどに時間がかかるようになり、悩むことも増えてきました。

私は絵心が全くなかったので、絵に光や影、質感が描写されているのが不思議で神業としか思えませんでしたが、今やっとほんの少しわかり始めてきたような気がします。まだ、いただいた画題で基礎を学んでいる段階で、作品を作る意図をもって描けてはいません。

これからじっくり自分がどのような植物画を描いていきたいか、探していきたいと思っています。

» この作者のギャラリーページ

西岡美和子 Nishioka, Miwako

【西岡美和子:クレマチス アルマンディイ (キンポウゲ科) Clematis armandii】
クレマチス アルマンディイ (キンポウゲ科) Clematis armandii

(透明水彩・白ぺン・黒ボード・色鉛筆・白チャコペーパー 45.3×37.7cm)
2021年5月15日更新

作者 プロフィール

西岡 美和子 Nishioka, Miwako(東京都)

姉の買った「図案辞典」の花のページを目的もなく、何故かひたすらトレースして満足していた小学生の頃。今、思えば私の絵との関わりはここから?

風景画を学校の玄関に張り出され、秘かにドヤ顔の中学時代。忌野清志郎さんの歌った「♪僕の好きな先生・・・」、その先生の美術を選択し、色々な課題に取り組む。当時はレタリングに夢中。大学の終わり頃、叔父から勧められた「南画」の教室に入会、そこで主に植物(花)を中心に水墨によるやわらかな描線の描き方を学ぶ。

その後、絵とふれあうことはほとんどなかったが、市の広報誌の「『植物画入門講座』生徒募集」の記事を偶然目にして絵への興味が再燃。何の迷いもなく応募。しかし、実は「植物画」とは何ぞや?わからぬままの受講からいつの間にか虜に。私の性格との相性がピッタリだったようだ。

1994年その講座以来、ずっと私の人生の色々な場面にいつも植物画があり、慰めてもらったり、やる気を与えてもらったり。
植物画との出会いに感謝。たくさんの人とのご縁に感謝。これからも細く、長いお付き合いを

» この作者のギャラリーページ

増田まこと Masuda, Makoto

【増田まこと:ヘレボルス (キンポウゲ科) Helleborus ×hybridus cvs.】
ヘレボルス (キンポウゲ科) Helleborus ×hybridus cvs.

(透明水彩 36.8×28.6cm)
2021年5月15日更新

作者 プロフィール

増田 まこと Masuda, Makoto(神奈川県)

小さい頃は女の子の絵を描くのが大好きで、瞳には星が2つ、いつも輝いていました。
姉が智恵子抄の展覧会に連れて行ってくれたのをきっかけに、絵の展覧会にはよく見に行きました。
でも、絵は見る側と思っておりました。
老後に何か打ち込めるものを・と思っておりました折、大船フラワーセンターで開催されたボタニカルの展覧会を友と見に行き、感動しました。
若い頃、山歩きが好きでよく出かけ、そこで出会う野の花や季節の花に心惹かれておりました。

こんな絵が描けたらと、大船のお教室で石川道子先生に師事し、今年で9年目になります。
大船の教室では、鎌倉芸術館での年1回(6月が多い)の展覧会に参加させていただき、倶楽部では2007年第10回から参加させていただいております。

石川先生始め、皆様の暖かいご指導と交流に支えられて、下手でも参加することに意義があり精神で、怖いもの知らずで来ましたが、知れば知るほど自分の至らなさ、ボタニカルの難しさにしょげております。
ただ、花の綺麗さ、神秘さに惹かれ、不出来でも出来上がったときの嬉しさに励まされて、次の花へと…。
出来ればもっと若いうちに始めたかったとの思いもありますが、一歩ずつマイペースで続けていけたら幸せと思っています。

» この作者のギャラリーページ

滝井ゆう子 Takii, Yuko

【滝井ゆう子:トウモロコシ (イネ科) Zea mays】
トウモロコシ (イネ科) Zea mays

(透明水彩 39.3×26.8cm)
2021年5月1日更新

作者 プロフィール

滝井 ゆう子 Takii, Yuko (神奈川県)

1993年に植物画を描き始めましたが、すぐに子育てに追われて続けられなくなり、展示会を観たり、画集を購入したりして楽しむだけになってしまっていました。

2013年、20年ぶりにもう一度自分で描こうと思い、石川美枝子先生のご指導の下でレッスンを再開しました。植物画を描きすすめるうちに、植物の構造がわかっていないと描けないことに気づき、独学ながら植物学の入門書を読んだり、地域の公園での植物観察会に参加し始めました。

今後は植物画の技術や芸術性を高めるとともに植物の知識も深めていきたいと思います。

» この作者のギャラリーページ

吉田晴子 Yoshida, Haruko

【吉田晴子:ミツバアケビ (アケビ科) Akebia trifoliata】
ミツバアケビ (アケビ科) Akebia trifoliata

(透明水彩 40.0×29.5cm)
2021年5月1日更新

作者 プロフィール

吉田 晴子 Yoshida, Haruko(神奈川県)

私が生まれ育ったのは青森県八戸市。絵を描く事もお花も好きな子供でした。植物好きの父に連れられ、よく行った種差海岸は高山植物も見られるところ。子供心にいろいろな花が咲き乱れている場所として、思い出に残っています。

学生時代は油絵を専攻していましたが、子育てで中断。お花が好きなので、華道だけは続けていました。長く華道に携わっている中で、植物の知識の少なさを痛感。市のシルバー向け講座で植物学を受講しました。そこで植物学の一分野としての植物画を知りました。そのときの講師の鮮明で美しい作品に憧れて習い始めたのが2008年。その時から植物の奥深い美しさにひかれ表現の難しさに悩み続けています。

私はあでやかな温室育ちの花よりも、ひっそりと野に咲く花に興味をもっています。観察も表現もまだまだ未熟ですが、いつの日か 風そよぐ自然の息吹を感じられる作品を描くことができたら、、、それが願いです。

» この作者のギャラリーページ

室木彗子 Muroki, Keiko

【室木彗子:ウコン (ショウガ科) Curcuma longa】
ウコン (ショウガ科) Curcuma longa

(透明水彩 40.0×31.0cm)
2021年4月15日更新

作者 プロフィール

室木 彗子 Muroki, Keiko(千葉県)

私は西伊豆で生まれ、横浜で育ち、今は千葉に住んでいます。小学生の頃、春になると亡父と野遊びに出かけました。山菜だけでなく、野草をも愛でて歩きました。
亡父は植物の知識が豊かで、日本で初めてカラー印刷で出版された植物図鑑を所蔵しており、知らない植物を調べてくれました。私の野草好きの原点です。

そんな私が植物画に出会ったのは10年ほど前、展覧会で目にした石川道子先生の絵でした。
その絵に魅了されて、「自分で描いてみたい。でも…」と、3年間も躊躇した末、やっぱり始めようと決心して教室の門を叩きました。今は同好の仲間と一緒に描いています。なんと奥の深い世界なのでしょう。

里山散策で出会った植物を描き、小文を添える手作り画文集を1年1冊のペースで創り始めて5冊完成しました。20種ずつ まとめていますが、まだまだ描いていない草が沢山残っていますから、これからも続けたいと考えています。
“生命を写す”生命感が表現できるようにと心がけるのですが、力不足でなかなか思うようになりません。でも、植物と向き合い、対話しながら描く静かなひとときを大切にしたいと思います。

» この作者のギャラリーページ

丸山裕子 Maruyama, Yuko

【丸山裕子:パイナップル (パイナップル科) Ananas comosus】
パイナップル (パイナップル科) Ananas comosus

(透明水彩・色鉛筆 37.0×27.0cm)

2021年4月15日更新

作者 プロフィール

丸山 裕子 Maruyama, Yuko(神奈川県)

信州の八ヶ岳連峰の麓、小海町に生まれました。

高卒後、上京し学生時代はワンダーフォーゲル部に入り、高山植物や山野草を観るのが楽しみでした。当時はカメラを持っていなかったので時々スケッチはしました。

子育てを終わり、夫の両親と生活する中、川崎市の成人学級の「植物画」に応募しました。その時の担当が小林英成先生でした。小さい頃の図工の時間以来の絵の勉強でした。

家庭の事情で休むことが多かったのですが、1995年より細々と続けています。日本植物画倶楽部の会員になって2回目に出品したホオノキが2007年の冊子の表紙に選ばれました。

2010年6月、ひょんなことから私の絵が30点ほど信州の佐久総合病院のロビーに展示されました。

» この作者のギャラリーページ

*科名、学名は作品掲載当時の図録に基づき表記しております。
▲ページ先頭へ