活動記録・資料

各プロジェクトのピックアップ記事を新しいものから表示しています。
(プロジェクト別の記事一覧は、右のメニューよりご覧いただけます)

日本の固有植物

プロジェクト [ ] - 2015年8月 1日

序章

小林英成(企画担当)

第3回企画テーマ「日本の固有植物」は2008年5月18日に開催された2008年度総会において正式に決定し、スタートしました。現在は倶楽部展で企画テーマ部門としての作品展示を続けながら、「日本の絶滅危惧植物図鑑」「日本の帰化植物図譜」と同様に図譜の出版を目指しています。

日本植物画倶楽部では、1998年より倶楽部独自のテーマを策定し活動を続けています。

それは、会員が自主的に制作・展示することで、会員が今日の環境問題を含めて植物を探求し、また、テーマに即した植物画展の開催や図譜の出版をすることによって、広く一般に植物への関心が高まることを願ってのことです。

第1回は「絶滅危惧植物」、第2回は「帰化植物」を取り上げ、そこで制作された会員の作品は、日本での巡回展のみならず、アメリカのワシントン、シカゴで展示され、また「日本の絶滅危惧植物図譜」「日本の帰化植物図譜」として出版されました。

この二つのテーマは、それぞれに関連性があるものであり、次のテーマの策定に当たっても、その点を考慮に入れて検討した上で第3回のテーマを「日本の固有植物」としました。

帰化植物への取り組み

【イラスト:セイヨウタンポポ】
セイヨウタンポポ

 私たち日本植物画倶楽部は企画の第2弾として、2005年から「帰化植物」に取り組んでまいりました。 2008年にはミュージアムパーク茨城県立自然博物館で「海を越えてきた植物たち~アートでみる帰化植物」展が開催され、日本植物画倶楽部会員109名によって制作された202種の帰化植物のボタニカルアートが展示されました。
その際にミュージアムパーク茨城県立自然博物館がまとめてくださった冊子をもとに、活動の記録としてホームページに掲載いたします。

参考文献
朝日新聞社(編). 1978. 朝日百科 世界の植物 第12巻. 朝日新聞社.
亀井裕幸. 2006. 外来種と帰化種・帰化植物-用語の問題を中心に-. 東京家政大学生活科学研究所研究報告, (29): 35-42.
日本生態学会(編). 2002. 外来種ハンドブック. 390 pp. 地人書館.
長田武正. 1972. 日本帰化植物図鑑. 254 pp. 北隆館.
長田武正. 1976. 原色日本帰化植物図鑑. 425 pp. 保育社.
清水矩宏・森田弘彦・廣田伸七(編・著). 2001. 日本帰化植物写真図鑑. 555 pp. 全国農村教育協会.
清水健美(編). 2003. 日本の帰化植物. 337 pp. 平凡社.
鷲谷いづみ・森本信生. 1993. エコロジーガイド 日本の帰化生物. 191 pp. 保育社.
環境省ホームページhttp://www.env.go.jp/nature/intro/

過去に一度も大陸とつながったことのない隔絶された海洋島では、固有の植物が多くそれらが限られた環境のなかで、極限の安定状態を保っています。そのため外からのわずかな原因であっても、デリケートであるが故に平衡状態がかく乱され易くその結果、多くの種は絶滅の危機に追いやられる事態となります。

ラン科の植物が危ない(資料p9)

プロジェクト [ ] - 2009年7月27日

野生植物を絶滅に追いやるもうひとつの主な原因は園芸目的の乱獲とされています。その中で最も深刻な打撃を受けているのがラン科の植物です。レッドデータブック(1989年)では、日本のラン科植物約280種のうち98種がリストアップされてしまいました。

原生の森が危機に...(資料p8)

プロジェクト [ ] - 2009年7月27日

国土の70%を森林で被われている日本列島は、気候や地形の条件により暖温帯ではシイ・カシの照葉樹が、冷温帯のブナ中心とする落葉広葉樹、亜寒帯のエゾマツ・トドマツの針葉樹の森が分布しています。

里山と半自然草地(資料p7)

プロジェクト [ ] - 2009年7月27日

天災や人為によって原生の森が壊れた後にアカマツ林や、コナラやクヌギ・クリなどの雑木林といった二次林が成立します。

「湿地」に生育する植物

湿地は谷や川の後背地に広がりヨシ、ガマ、スゲ、などが優占し、あまり目立たない草本植物が生育しています。

ホソバニガナ、ミクリ、マイヅルテンナンショウ、ミズトンボ、ミズアオイ、タチスミレ、ヒメアマナ、ハナムグラ、タコノアシ、イシモチソウ、ヒトツバタゴ、ナガバノイシモチソウなど。

平地の水辺の自然が危ない

近年、都市周辺の開発にともなう湿地の埋め立てや池沼の護岸工事と改修工事、水質汚濁などで急激な悪化をたどる平地の水辺環境に、多くの絶滅危惧植物が集中していることが明らかになりました。

ヒトと生き物が共存する水辺環境

水辺環境は山間部の森林とともに、日本の豊かな自然を形成しています。私たちの祖先もこの豊かな自然を背景に暮らしを立て水稲を耕作する頃には水辺近くに住居を構えて水辺の植物を様々に利用してきました。

野生生物の保全の難しさ

現在、各分野の生物学者や自然保護団体が、野生生物の保全のために多大な努力を傾けていますが、絶滅から救う方策は決して容易ではないようです。

このページの上部へ▲