2021年、日本植物画倶楽部は創立30周年を迎えました
イチゴ © Hattori, Tomiko 【イチゴ © Hattori, Tomiko】
日本植物画倶楽部会員は、植物画を描き又は鑑賞することを通じて自然に親しみ、自然を慈しむ心を涵養することを理念とします。

新着情報

『日本の固有植物図譜』が発刊しました

2020年12月25日、『日本の固有植物図譜』が企画スタートから12年かけてついに発刊の運びとなりました。総ページ数562ページ、掲載植物図274点に及ぶ素晴らしい図譜です。刊行予定から2年も遅れてしまい担当者として申し訳ない限りですが、こうして発刊までたどり着くことができました。これは倶楽部員全員の熱い気持ちの結集であると思います。図譜担当として心から御礼申し上げます。

      2020年12月25日 図譜担当 小林英成

お申込み受付中です.

会員の方は会員サイトから一般の方は出版物のページからお申し込み下さい 

Orders from overseas 株式会社ウッズプレス

ミニギャラリー

【高木香壽枝:ヤマボウシ(ミズキ科) Cornus kousa】
ヤマボウシ(ミズキ科) Cornus kousa

(透明水彩 49.6×33.6cm)
2021年12月1日更新

作者 プロフィール

高木 香壽枝 Takagi, Kazue(東京都)

植物画との出合は、1994年に「太田洋愛 サクラ展」で、様々な桜の原画を間近で観ることが出来、心惹かれました。
その4年後に「シャーリー・シャーウッドコレクション」で世界の植物画家の絵に魅了され、こんな絵が描けたら素的だなと思っていました。

その後2000年に小林英成先生ご指導の「植物画入門講座」を受講する機会を得て、終了後も引き続き教えて頂けるサークルに入会出来て現在に至っています。

山歩きの仲間と行く先々で山野草、高山植物、野鳥と図鑑を片手に楽しんできましたので
名前は沢山覚えましたが、師から「植物の特徴を正確に把握し、しかも美しく描く」との教えに、
本当の「植物を知る」意味を学ぶ日々です。

» この作者のギャラリーページ

【若嶋裕美:ロウヤガキ (カキノキ科) Diospyros rhombifolia】
ロウヤガキ (カキノキ科) Diospyros rhombifolia

(アクリル 51.5×34.6cm)
2021年12月1日更新

作者 プロフィール

若嶋 裕美 Wakashima, Hiromi(兵庫県)

神奈川県出身。子供の頃、植物図鑑が大好きで、特に草花の美しい挿絵にひかれ飽きずに眺めておりました。

植物画を始めたのは18年ほど前です。子供が手を離れたころで、以前から気になっていた細密な草花の絵を習ってみたいと思い、カルチャーセンターの講座に参加しました。今では、良き師(小西美恵子先生)と素敵な仲間に恵まれ、四苦八苦しながら楽しく続けております。

植物は種から育てるのも面白く、観察するたびに新たな発見があり、日々驚かされます。これからも、色々な植物や人との出会いを楽しみながら、ゆっくりと、丁寧に向き合っていきたいと思います。

» この作者のギャラリーページ

▲ページ先頭へ