『日本の固有植物図譜』が発刊しました

2020年12月25日、『日本の固有植物図譜』が企画スタートから12年かけてついに発刊の運びとなりました。総ページ数562ページ、掲載植物図274点に及ぶ素晴らしい図譜です。刊行予定から2年も遅れてしまい担当者として申し訳ない限りですが、こうして発刊までたどり着くことができました。これは倶楽部員全員の熱い気持ちの結集であると思います。図譜担当として心から御礼申し上げます。

      2020年12月25日 図譜担当 小林英成

お申込み受付中です.

会員の方は会員サイトから一般の方は出版物のページからお申し込み下さい 

Orders from overseas 株式会社ウッズプレス

新着情報

ミニギャラリー

【滝井ゆう子:トウモロコシ (イネ科) Zea mays】
トウモロコシ (イネ科) Zea mays

(透明水彩 39.3×26.8cm)
2021年5月1日更新

作者 プロフィール

滝井 ゆう子 Takii, Yuko (神奈川県)

1993年に植物画を描き始めましたが、すぐに子育てに追われて続けられなくなり、展示会を観たり、画集を購入したりして楽しむだけになってしまっていました。

2013年、20年ぶりにもう一度自分で描こうと思い、石川美枝子先生のご指導の下でレッスンを再開しました。植物画を描きすすめるうちに、植物の構造がわかっていないと描けないことに気づき、独学ながら植物学の入門書を読んだり、地域の公園での植物観察会に参加し始めました。

今後は植物画の技術や芸術性を高めるとともに植物の知識も深めていきたいと思います。

» この作者のギャラリーページ

【吉田晴子:ミツバアケビ (アケビ科) Akebia trifoliata】
ミツバアケビ (アケビ科) Akebia trifoliata

(透明水彩 40.0×29.5cm)
2021年5月1日更新

作者 プロフィール

吉田 晴子 Yoshida, Haruko(神奈川県)

私が生まれ育ったのは青森県八戸市。絵を描く事もお花も好きな子供でした。植物好きの父に連れられ、よく行った種差海岸は高山植物も見られるところ。子供心にいろいろな花が咲き乱れている場所として、思い出に残っています。

学生時代は油絵を専攻していましたが、子育てで中断。お花が好きなので、華道だけは続けていました。長く華道に携わっている中で、植物の知識の少なさを痛感。市のシルバー向け講座で植物学を受講しました。そこで植物学の一分野としての植物画を知りました。そのときの講師の鮮明で美しい作品に憧れて習い始めたのが2008年。その時から植物の奥深い美しさにひかれ表現の難しさに悩み続けています。

私はあでやかな温室育ちの花よりも、ひっそりと野に咲く花に興味をもっています。観察も表現もまだまだ未熟ですが、いつの日か 風そよぐ自然の息吹を感じられる作品を描くことができたら、、、それが願いです。

» この作者のギャラリーページ

▲ページ先頭へ