2021年、日本植物画倶楽部は創立30周年を迎えました

『日本の固有植物図譜』が発刊しました

2020年12月25日、『日本の固有植物図譜』が企画スタートから12年かけてついに発刊の運びとなりました。総ページ数562ページ、掲載植物図274点に及ぶ素晴らしい図譜です。刊行予定から2年も遅れてしまい担当者として申し訳ない限りですが、こうして発刊までたどり着くことができました。これは倶楽部員全員の熱い気持ちの結集であると思います。図譜担当として心から御礼申し上げます。

      2020年12月25日 図譜担当 小林英成

お申込み受付中です.

会員の方は会員サイトから一般の方は出版物のページからお申し込み下さい 

Orders from overseas 株式会社ウッズプレス

新着情報

ミニギャラリー

【三反栄治:ブドウ ‘巨峰’ (ブドウ科) Vitis ‘Kyoho’】
ブドウ ‘巨峰’ (ブドウ科) Vitis ‘Kyoho’

(透明水彩 49.0×34.0cm)
2021年6月15日更新

作者 プロフィール

三反 栄治 Santan, Eiji(福岡県)

私はイラストレーションの仕事をしています。ある時花のイラストを描いているうちに出会ったのがボタニカルアートです。以前から博物画には非常に興味があり、植物画としてのその存在は知ってはいましたが、あれほどの精密さで、しかも芸術的に描けるものかと、当初美術的な側面から惹かれたのは、正直絵描きとしての興味からなのです。その後シャーリー・シャーウッドの展覧会で現代のトップの画家達の作品を見るなどして、これは本格的にやってみようと決心しました。また、ネイチャーアートに作品をシフトした先輩もおられ、後押しをしていただきました。

まず植物画の歴史や古典の技法を学ぶことから始め、国内外の本やビデオを参考にし、植物学的な表現を勉強しました。また、精密画のテクニックを学び直しました。

私は植物学を専門に学んだことがなく、素養もありませんが、学術的な植物画を基礎としつつ、アーティスティックな表現にも力を注いで制作を続けたいと思っています。

» この作者のギャラリーページ

【藤原晶子:エビヅル (ブドウ科) Vitis ficifolia】
エビヅル (ブドウ科) Vitis ficifolia

(透明水彩 37.4×27.2cm)
2021年6月15日更新

作者 プロフィール

藤原 晶子 Fujiwara, Akiko (大阪府)

学生時代は細密な油絵を描いていましたが、結婚してからは長いスランプがあり、何を描いて良いのか随分悩んでいました。20年近く前、新聞でボタニカルアートと言うのを知り、これは自分に向いていると思い描き始めました。始めた頃は、植物に対してはあまり興味もなかったのですが、描いていくにつれ、自然の不思議に驚き、その愛らしさに魅了されています。

現在は伊丹、箕面、豊中、吹田の4か所で教室を開き、絵を描く楽しさと植物画の面白さを教えながら、また自分自身も勉強の毎日です。「絵」とは光と構図で成り立ちますが、植物画はそれに加え、観察力が必要です。多分こうなっているだろうなどと思い込まず、見る目を養い、これからも道端の小さな植物にも好奇心を持って、植物画に向き合って行きたいと思います。

» この作者のギャラリーページ

▲ページ先頭へ