22回展図録発行20200201.jpg

top固有種図譜.jpg

『日本の固有植物図譜』購入予約の皆様へ  発刊の遅れとお詫び

昨年度発刊が予定されていました『日本の固有植物図譜』ですが、出版社の諸事情により500ページを越す編集作業が難航し、当初の予定よりも大幅に遅れてしまいました。ここに謹んでお詫び申し上げます。
現在最終的な校正作業中ですので誠に申し訳ありませんが今しばらくお待ちください。

2019年11月19日 図譜担当 小林英成

新着情報

  • 5月10日(日)の総会は中止になりました(4/6)

    会員サイトをごらんください。

  • ギャラリーに福永三彌子さん佐藤由起子さんの作品を追加しました(4月1日)

  • 会員専用ページを更新しました(3月20日)

  • ギャラリーに大原裕美さん佐々木容子さんの作品を追加しました(3月15日)

  • 第22回日本植物画倶楽部展(3/31~4/5)情報  中止になりました (3月11日)

    図録は上記出版物のページから購入できます

    ※新型コロナウィルス感染拡大防止策に伴い、展覧会が中止や延期になる場合があります。

banner_endemic.jpg

当会の理念

日本植物画倶楽部会員は、植物画を描き又は鑑賞することを通じて自然に親しみ、自然を慈しむ心を涵養することを理念とします。…

» 倶楽部について

ミニギャラリー

22 adan fukunagamineko.jpg

アダン (タコノキ科) Pandanus odoratissimus

(透明水彩 26.0×23.5cm)
 2020年4月1日更新

作者 プロフィール

福永三彌子 Fukunaga, Miyako (広島県)

平成9年頃、NHKの「趣味百科」という番組で、初めてボタニカルアートに出合い心惹かれました。
草花は大好きでしたが、詳しい知識もなく、ただ花を描きたいという思いで数年後NHKのボタニカルアート講座を受講。現在は木崎なおみ教室にお世話になっています。
木崎先生の丁寧で熱心な教えと、仲間の方たちにもらう刺激のお陰で少しづつ自分らしい絵が描けるようになりました。今まで気付かなかった植物の仕組み、生命力、働きなどを知るにつれ魅了され感動しています。道端に咲いている一輪の花が愛おしく思えるこの頃です。これからも先生から頂いたアドバイスを基に、観察力を磨き、ありのままの姿を描くという基本に沿いながら、その植物の持っている魅力を表現できるよう努力していきたいと思います。

22 hoshikeiran satoyukiko.jpg

ホシケイラン (ラン科) Phaius flavus f. punctatus

(透明水彩 50.0×35.0cm)
 2020年4月1日更新

作者 プロフィール

佐藤由起子 Sato, Yukiko (東京都)

2016年3月、植物画を習い始めました。絵筆を握るのは高校の美術以来だったので続けられるか不安でしたが、思い切って一歩をふみ出して良かったと思っています。
都内在住のため、山野草など自然に生えている植物を手に入れるのはなかなか難しく、何を描くか決めるのに悩むことも多いです。
でも今は、自分のやりたい事のために自分の時間を費やせる事が有難く、幸せをかみしめながら描いています。

このページの上部へ▲