シナマンサク © Yamamoto, Kiyomi 【シナマンサク © Yamamoto, Kiyomi】
日本植物画倶楽部会員は、植物画を描き又は鑑賞することを通じて自然に親しみ、自然を慈しむ心を涵養することを理念とします。

新着情報

『日本の固有植物図譜』が発刊しました

2020年12月25日、『日本の固有植物図譜』が企画スタートから12年かけてついに発刊の運びとなりました。総ページ数562ページ、掲載植物図274点に及ぶ素晴らしい図譜です。刊行予定から2年も遅れてしまい担当者として申し訳ない限りですが、こうして発刊までたどり着くことができました。これは倶楽部員全員の熱い気持ちの結集であると思います。図譜担当として心から御礼申し上げます。

      2020年12月25日 図譜担当 小林英成

お申込み受付中です.

会員の方は会員サイトから一般の方は出版物のページからお申し込み下さい 

Orders from overseas 株式会社ウッズプレス

ミニギャラリー

【大工原昌子:カヤ(イチイ科) Torreya nucifera】
カヤ(イチイ科) Torreya nucifera

(透明水彩 37.0×45.0cm)
2024年6月15日更新

作者 プロフィール

大工原 昌子 Daikuhara, Masako (長野県)

ボタニカルアートとの出会いは、以前美術館で18世紀頃の古典的な植物画の展示を見た事がきっかけでした。繊細な美しさに魅了され、2008年頃から独学で始めましたが、しっかり基礎から学びたいと思い、その後通信教育で勉強しました。

2022年度より日本植物画俱楽部に入会させていただきました。
これまでキャンバスにアクリル絵の具での絵を描いてきましたので、白い紙への透明水彩の扱いに四苦八苦しております。
学術的な描き方には程遠いのですが、今は素直に花の美しさを描き留めていきたいと思います。
土に触れ植物を育てるのも大好きで畑の一角に自分のガーデンを作るのが楽しみです。

現在は公民館などでボタニカルアートの仲間作りの為の活動をしています。

» この作者のギャラリーページ

【望月正子:ヤマシャクヤク( ボタン科) Paeonia japonica】
ヤマシャクヤク( ボタン科) Paeonia japonica

(透明水彩 35.0×24.8cm)
2024年6月15日更新

作者 プロフィール

望月 正子 Mochizuki, Masako (東京都)

自然豊かな地で生まれ育ちました。野原や様々な植物のある庭で、遊ぶ事と絵を描く事が好きな子どもでした。高校卒業後に進学して以来、東京で暮らしています。

仕事をやめ子どもも手を離れましたので、また絵を描きたいと思い、2005年から後藤裕子氏(故人)の教室で学びました。植物画の楽しさ、奥深さを教えて頂きました。とても難しいのですが教室の仲間と植物について語り合う楽しさは、1人で描いているだけでは得られない貴重な時間となりました。
植物を描く事で育てる喜びもより感じられ、幼い頃出会った植物の魅力を再認識しています。

2015年から豊永侑希氏に師事しつつ、2017年より小さな教室で指導させて頂いています。
今後も私なりにコツコツと研鑽に励みたいと思います。

2009年JGSボタニカルアート展東京新聞社賞
2010年世界らん展奨励賞
2011,2014,2017,2018年世界らん展出展
2012年国営沖縄記念公園主催ボタニカルアート展出展
2013年沖縄国際洋蘭博覧会奨励賞
2018年JGSボタニカルアート展主婦と生活賞

» この作者のギャラリーページ

▲ページ先頭へ