2021年、日本植物画倶楽部は創立30周年を迎えました
イチゴ © Hattori, Tomiko 【イチゴ © Hattori, Tomiko】
日本植物画倶楽部会員は、植物画を描き又は鑑賞することを通じて自然に親しみ、自然を慈しむ心を涵養することを理念とします。

新着情報

『日本の固有植物図譜』が発刊しました

2020年12月25日、『日本の固有植物図譜』が企画スタートから12年かけてついに発刊の運びとなりました。総ページ数562ページ、掲載植物図274点に及ぶ素晴らしい図譜です。刊行予定から2年も遅れてしまい担当者として申し訳ない限りですが、こうして発刊までたどり着くことができました。これは倶楽部員全員の熱い気持ちの結集であると思います。図譜担当として心から御礼申し上げます。

      2020年12月25日 図譜担当 小林英成

お申込み受付中です.

会員の方は会員サイトから一般の方は出版物のページからお申し込み下さい 

Orders from overseas 株式会社ウッズプレス

ミニギャラリー

【松葉まゆみ:ヒメミカンソウ (コミカンソウ科) Phyllanthus ussuriensis】
ヒメミカンソウ (コミカンソウ科) Phyllanthus ussuriensis

(透明水彩 40.0×30.0cm)
2021年10月15日更新

作者 プロフィール

松葉 まゆみ  Matsuba, Mayumi(神奈川県)

我が子二人がまだ幼い頃、友人が二人の肖像画を油絵で描いてくれました。子育て中 その肖像画はいつも私の心を和ませてくれました。
彼女のように絵を描いてみたい・・・・そんな思いが永年続く中、出会ったのが植物画。

植物画を始めて多くの楽しみができました。小さな雑草が輝いて見えるようになり、木の葉や木の実が宝物になりました。植物のつくり、生き抜くための驚く知恵、すばらしい生命力に感激しています。

構図に悩み 色を重ねる毎にがっかり 投げ出したい気持ちを抑えて・・・描いてます。
目標は画面に花粉を運ぶ虫たちも一緒に 楽しく かわいく・・・・・

» この作者のギャラリーページ

【猪原貴美子:ザクロ (ミソハギ科) Punica granatum】
ザクロ (ミソハギ科) Punica granatum

(透明水彩 24.5×32.0cm)
2021年10月15日更新

作者 プロフィール

猪原 貴美子 Inohara, Kimiko( 広島県)

私が植物画に初めて出会ったのは、理科の教師を目指して植物の勉強をしていた頃でした。美しく清楚で可憐な絵に、一目で魅せられてしまいました。自分でも描いてみたいと挑戦したのですが、彩色の難しさにすぐ挫折してしまいました。

8年前に仕事を辞めた折、じっくりと何かを学びたいと思ってながめていた新聞の講座案内に、「植物画」の文字を見つけ、木崎奈緒美先生に出会うことができました。学生時代にあきらめた植物画への思いに再び火が灯り、今まで続けてこられたのは、木崎先生の根気強く丁寧な指導のお陰です。

まだまだ、先生のアドバイス無しでは満足できる作品に仕上げることはできませんが、いつかは、自分の眼で光と影を捉え、生き生きとした植物が描けるようになりたいと思っています。

» この作者のギャラリーページ

▲ページ先頭へ