新着情報

banner_endemic.jpg

当会の理念

日本植物画倶楽部会員は、植物画を描き又は鑑賞することを通じて自然に親しみ、自然を慈しむ心を涵養することを理念とします。…

» 倶楽部について

ミニギャラリー

21-kurematis kiruhosa var. barearika okuno.jpg

クレマチス キルホサ var. バレアリカ( キンポウゲ科) Clematis cirrhosa var. balearica

ネットにからませたつるに秋口より半鐘状の花をつける。花後の果球はタッセルの様にゆらゆらとぶら下がりおもしろい。(透明水彩・鉛筆 41.8×29.8cm)

作者 プロフィール

奥野 小夜子 Okuno, Sayoko(大阪府)

私がこの絵に出会ったのは、もう10数年前の神戸蘭展においてです。
当時はボタニカルアートとは知らず、迫力のある絵だと感動した覚えがあります。もっとも、その頃は蘭を育てることが趣味でした。その後、岸和田市の公民館に講座があるのを知り、早速 申し込み。描く面白さに夢中になり、日本園芸協会の通信講座を終了しました。現在はカルチャースクールで教えています。
熊取町(私が住んでいる)は、自然豊かな所で里山にも恵まれ、モチーフには困りませんが、自然保護という事もあり、最近は家で育てたものや産地直売ショップで買い求めたものを描いています。
【受賞歴等】
第20回 国立科学博物館主催 植物画コンクール
           国立科学博物館長賞  他
           準佳作    1回
           佳作     2回
日本園芸協会主催 ボタニカルアーティスト誌上コンクール
           年間グランプリ受賞
日本園芸協会主催 ボタニカルアート展 
            ホルベイン画材賞  産経新聞社賞  神戸新聞社賞
【展覧会等】
大阪府立花の文化園主催 ボタニカルアート展
熊取交流センター 煉瓦館  グループ展
田尻歴史館 5人展
第11回「10ヵ国大使夫人のガーデニング in Okura」
ボタニカルアート展 出品
和歌山県教育委員会「わかやま環境学習プログラム」
キイジョウロウホトトギスの挿絵

21-huusentouwata sato.jpg

フウセントウワタ( キョウチクトウ科) Gomphocarpus physocarpus

風船のふくらみに凹凸が有り、ふんわりとした感じが描けず、四苦八苦しているうちに実が熟し中より綿毛が飛び出してきた。(アクリル・鉛筆 49.0×35.0cm)

作者 プロフィール

佐藤和美 Sato,Kazumi(兵庫県)

植物画を始めて19年になります。小西美恵子先生の教室に入り、指導していただき、庭の草花や木を楽しみながら勉強しています。
子供の頃に遊んだ草花を思い出して、少しでも自然にふれるような花達が描ければよいのに、と思いつつ、筆を持っています。
このところ、ルーペや20倍に拡大される顕微鏡で植物を見て、小さい花も大きい花と同様に装飾や造りが複雑に出来ている様子に感動し、また魅了されています。
これから、もう少し軽く自然に彩色できれば良いのに、と思いながら描いています。

このページの上部へ▲