新着情報

  • 「ギャラリー」に向井直恵さん吉利令子さんの作品を追加しました(6月15日)

  • 会員専用ページを更新しました(6月12日)

  • 展覧会案内」を更新しました。(6月1日)
    ※展覧会案内掲載依頼はHP会員専用サイトからお申込み下さい。

  • 「ギャラリー」に佐々木容子さん横山裕三子さんの作品を追加しました(6月1日)

  • 「ギャラリー」に本山桃世さん松浦和江さんの作品を追加しました。(5月15日)

banner_endemic.jpg

当会の理念

日本植物画倶楽部会員は、植物画を描き又は鑑賞することを通じて自然に親しみ、自然を慈しむ心を涵養することを理念とします。…

» 倶楽部について

ミニギャラリー

20-mukai burassavioraritoru.jpg

ブラッサヴォラ リトル スターズ( ラン科)Brassavola Little Stars

数年前に旅先の道の駅で購入した蘭です。栽培が難しいか心配だったのですが、意外に丈夫で、毎年、白く清楚な花を咲かせてくれます。少し地味な花ですが、ほのかな香りがあります。
(透明水彩 42.0×34.0cm)

作者 プロフィール

向井直恵 Mukai, Naoe (兵庫県)

植物画との出会いは、十数年前のイギリス駐在中、フラワーアレンジメントやガーデン巡り、ガーデニング等、好きな花々を満喫していた頃でした。現地のアダルトスクール(自治体運営のカルチャースクール)にボタニカルアートのクラスを見つけました。敷居が高いと思っていた植物画でしたが、クラスはのんびり気楽な雰囲気で、短期間でしたが、身近な植物を観察するのも、描くのも楽しくて、もっと続けてみたいと思いました。帰国後、基礎から本格的にと、尾形幸子先生の植物画講座で、勉強を始めました。続けるほどに植物画の難しさ、奥深さを感じてしまいますが、これからもコツコツと頑張って描いていきたいと思っています。
本年4月より、NHKカルチャー京橋教室で講師をしています。

20-35tamanegi yoshitoshi.jpg

タマネギ( ネギ科)Allium cepa cv.

友人からアカタマネギをいただき、その美しさに魅せられた。描き終えて植えておくと、ぐんぐんネギ坊主(花茎)が伸びそのたくましさにまた感動。結実はしなかったがタマネギの一生を見せてもらった。
(透明水彩 38.0×26.0cm )

作者 プロフィール

吉利令子 Yoshitoshi, Reiko (愛知県)

若い頃から、ボタニカルアートには心惹かれるものがありました。
学生時代は、デザインを専攻しながら銅版画の制作もしました。
定年退職まで美術教師を勤めましたので、その間、自身の創作活動は封印してきました。
退職後、やっと自分の時間が出来、念願だったボタニカルアートに本格的に取り組み始めました。
幸い一緒に学びあう良き仲間、先生にも恵まれています。
5年前から名古屋の「はなびら」の仲間に入れていただいています。

植物に向き合って描いているときが至福の時間で、描くことで心を癒されています。
完成させた後の達成感、植物との出会いという楽しみを一つ、また見つけました。
植物の個性を魅力的に引き出しながら、自己表現がどこまで出来るか模索中です。

このページの上部へ▲