シナマンサク © Yamamoto, Kiyomi 【シナマンサク © Yamamoto, Kiyomi】
日本植物画倶楽部会員は、植物画を描き又は鑑賞することを通じて自然に親しみ、自然を慈しむ心を涵養することを理念とします。

新着情報

『日本の固有植物図譜』が発刊しました

2020年12月25日、『日本の固有植物図譜』が企画スタートから12年かけてついに発刊の運びとなりました。総ページ数562ページ、掲載植物図274点に及ぶ素晴らしい図譜です。刊行予定から2年も遅れてしまい担当者として申し訳ない限りですが、こうして発刊までたどり着くことができました。これは倶楽部員全員の熱い気持ちの結集であると思います。図譜担当として心から御礼申し上げます。

      2020年12月25日 図譜担当 小林英成

お申込み受付中です.

会員の方は会員サイトから一般の方は出版物のページからお申し込み下さい 

Orders from overseas 株式会社ウッズプレス

ミニギャラリー

【小塚晶子:パフィオペディルム ベッラトゥルム( ラン科) Paphiopedilum bellatulum】
パフィオペディルム ベッラトゥルム( ラン科) Paphiopedilum bellatulum

(透明水彩 30.0×40.0cm)  
 2024年5月15日更新

作者 プロフィール

小塚 晶子 Kozuka, Akiko (愛知県)

私は世に言う"団塊の世代" です。
ラジオから "Hold me tight" が鳴ったその時からずっと 、嬉しいときも悲しい時も ビートルズの音楽は 私の胸の中で響いています。

1990年辺りですが 友人に誘われてカルチャーセンターの油絵教室に参加しました。 先生の "何でも好きに描きなさい" との言葉に舞い上がって ビートルズと愛する猫ちゃんをテーマに作品をドンド、、、直ぐにドンと壁にぶち当たりました。
⋅⋅⋅やはり 丸いものは丸く、四角いものは四角く描ける基礎がなくては自分のイメージを具象化は出来ないのだと悟りました。

植物画に出会った今日、モデルの植物と対峙する際には何時も "どんなに小さな花でも その種属を繋げていく為に 自らの存在の全てを懸けている" ことに畏敬の念を憶えます。

これからも 自然の妙への敬意を込めて 自分なりの画を描いていければと願っています。

» この作者のギャラリーページ

【大橋美津枝:サフラン( アヤメ科) Crocus sativus】
サフラン( アヤメ科) Crocus sativus

(透明水彩・ガッシュ・羊皮紙(ヴェラム)22.8×17.2cm)
 2024年5月15日更新

作者 プロフィール

大橋 美津枝 Ohashi, Mitsue (東京都)

10年ほどデザインの仕事をしていましたが、1997年に夫の赴任に伴ってニューヨークへ。植物画は、郊外にあるNY植物園で学びました。そこでは植物学やポートフォリオ作成等の授業もあり、卒業制作は日本から送って、2003年に無事修了証をいただきました。

縁あって2014年から都内のカルチャー教室で講師をしております。2〜3年おきに開催する作品展を目標に、自然の法則の神秘さに感動しあったり、お互いの表現に影響を受けあったりと、皆さんと楽しく真剣な時間を過ごしています。

日本植物画倶楽部へは、子育てが一段落した2022年に入会しました。多くの素晴らしい作品から沢山の刺激をいただきながら、これからは少しずつ活動の場を広げたいと思っております。


» この作者のギャラリーページ

▲ページ先頭へ