日本植物画倶楽部神代展・クリックで展覧会案内へ移動します.jpg

新着情報

banner_endemic.jpg

当会の理念

日本植物画倶楽部会員は、植物画を描き又は鑑賞することを通じて自然に親しみ、自然を慈しむ心を涵養することを理念とします。…

» 倶楽部について

ミニギャラリー

21-yabutsubaki nonami.jpg

ヤブツバキ(ツバキ科)Camellia japonica

冬から早春にかけて真紅の花を咲かせるヤブツバキ。その控えめで凛とした姿に心惹かれて、一輪描きとめた。(透明水彩・鉛筆 40.0×24.8cm)2019年11月15日更新

作者 プロフィール

野浪章子 Nonami, Akiko(兵庫県)

子供の頃から絵を描くのが大好きでした。
私が植物画を知ったのは、20代の頃、書店で「ボタニカルアートの世界」という本を見たのがきっかけでした。
なにげなく開いたページには、ルドゥーテやフッカーといったどこかで見た事のある絵の他に佐藤廣喜先生の作品もあって、その細密さと美しさに目が釘付けになりました。「少しでもこんな絵を描ける様になれたら」と思い、子育てが少し落ち着いてから、尾形幸子先生の植物画講座に入会しました。
細井進先生と尾形先生にご指導頂いて、長い月日が流れました。
その間、描けない自分に落ち込んで、通信講座を受講して勉強しなおしたりしましたが、なかなか思う様に描けません。
試行錯誤しながら描いて苦しい事もありますが、仕上がった時の喜びがあるので、これからも自分なりに続けていこうと思っています。

21-tsubaki'ehigasa' nakane.jpg

ツバキ ‘絵日傘’ (ツバキ科)Camellia japonica ‘Ehigasa’

種苗店で購入した苗。鵯や蛾の幼虫の被害を乗り越えて植木鉢で8年育て、今年多くの蕾をつけ、春開花した。(透明水彩・鉛筆 38.0×30.0cm)2019年11月15日更新

作者 プロフィール

中根啓子 Nakane, Keiko(兵庫県)

若い頃から庭で山野草を育て、慈しんできました。嫁として、母親としての務めを終え、ボタニカルアートは在宅で出来ると50半ばから習い始めました。第一歩は日本園芸協会の通信講座でした。
植物の姿をありのまま写し取りたいと、スケッチブックを開いて向き合っている私は、植物は知れば知るほど奥深いものだと感動を覚えています。

このページの上部へ▲