22回展図録発行20200201.jpg

top固有種図譜.jpg

『日本の固有植物図譜』購入予約の皆様へ  発刊の遅れとお詫び

昨年度発刊が予定されていました『日本の固有植物図譜』ですが、出版社の諸事情により500ページを越す編集作業が難航し、当初の予定よりも大幅に遅れてしまいました。ここに謹んでお詫び申し上げます。
現在最終的な校正作業中ですので誠に申し訳ありませんが今しばらくお待ちください。

2019年11月19日 図譜担当 小林英成

新着情報

  • ギャラリーに前川恭子さん服部登美子さんの作品を追加しました(6月1日)

  • ギャラリーに道平きわみさん田辺範男さんの作品を追加しました(5月15日)

  • 山口博物館主催の「自然の美―植物画で見る日本を彩る花」展

    5月26日(火) から 6月21日(日)まで開催されます

    ただし、終了日は延長、変更の可能性があります

    下記リンクより「バーチャル博物館 in やまはく」で会場の様子をお楽しみください。

    http://www.yamahaku.pref.yamaguchi.lg.jp/index.html

    連休明けに第1弾、2弾に続き第3弾が公開される予定です。

  • ギャラリーに都﨑美代子さん郡司敦子さんの作品を追加しました(5月1日)

  • ギャラリーに木﨑悦子さん日野彰子さんの作品を追加しました(4月15日)

banner_endemic.jpg

当会の理念

日本植物画倶楽部会員は、植物画を描き又は鑑賞することを通じて自然に親しみ、自然を慈しむ心を涵養することを理念とします。…

» 倶楽部について

ミニギャラリー

22-nobudo maegawa.jpg

ノブドウ (ブドウ科)Ampelopsis glandulosa var. heterophylla

(透明水彩 37.5×28.0cm)
 2020年6月1日更新

作者 プロフィール

前川恭子 Maegawa,Yasuko (大阪府)

海外に行くとホテルの部屋に素敵な植物の絵が飾られています。それがボタニカルアートという絵だと知ったのは、かなりあとの事でした。
50代になった頃、市の広報誌にボタニカルアートの一日体験教室があったので参加、そのあと教室に入会しました。
描き方が分からず、四苦八苦の日々、楽しむ為に始めたボタニカルアートを楽しめなくなりました。現状を打破するにはどうしたらと迷っていた頃、既に会員だった教室仲間二人に背中を押してもらい日本植物画倶楽部に入会しました。
今後も試行錯誤は続くと思いますが、探求・努力も重ねながら、植物との出合い、人との出会いを大切に、ボタニカルアートを続けていければと思っています。

22-ichigo hattori.jpg

イチゴ (バラ科)Fragaria ×ananassa cv.

(透明水彩 49.5×38.8cm)
 2020年6月1日更新

作者 プロフィール

服部登美子(北海道)

2010年、市民講座を知り、福澤レイ先生に御指導を受け、ゼラニウムの葉1枚から始めました。
現在も先生と教室の仲間に刺激を頂きながら通っています。
北海道の地に根付く元気な地元植物を、視野を広げて色々挑戦して描いていけたらと思っています。

このページの上部へ▲