吉富恂子 Yoshitomi, Junko

【吉富恂子:カランコエ・ガストニス- ボニエリ(ベンケイソウ科)Kalanchoe gastonis-bonnieri】
カランコエ・ガストニス- ボニエリ(ベンケイソウ科)Kalanchoe gastonis-bonnieri

大きな葉と美しい花にひかれ描く決心をしました。ちょうどね年の新年を迎えた頃で、斑点状しま模様の葉先が可愛いネズミの様に見え、笑みがこぼれたものです。
カランコエ属は「4 弁の合弁花が特徴で、多肉の対生する葉を有する」とありますが、マダガスカル原産のガストニスボンニエリはその特徴を明示しています。英語でDonkey's ears と言うそうで、ロバの耳とは愉快なネーミングです。蕾の顔にも表情があります。

【吉富恂子:バラ(シンギニン ザ レイン)(バラ科)Rosa SINGIN' IN THE RAIN (‘MACivy’) 】
バラ(シンギニン ザ レイン)(バラ科)Rosa SINGIN' IN THE RAIN (‘MACivy’)

日頃描く植物以外に、庭の鉢のバラが時々花を咲かせると描くのを楽しみにしている。このバラの色は、今迄あまり描いた事がなく鉢を買い求めた。「Singing in the rain」とは希望を与えてくれるネーミングだ。(アクリル 48.0×33.0cm)

【吉富恂子:デルフィニウム、ルリトウワタ (キンポウゲ科、キョウチクトウ科)Delphinium cv., Oxypetalum caeruleum】
デルフィニウム、ルリトウワタ (キンポウゲ科、キョウチクトウ科)Delphinium cv., Oxypetalum caeruleum

(アクリル・カラーボールペン 44.8×31.9cm)
2020年11月15日更新

作者 プロフィール

吉富 恂子 Yoshitomi, Junko(兵庫県)

小学生の頃から絵が好きで、今は何より植物画が生きがいです。

・NHK学園通信教育「植物画を描く」を受講。(2001年4月~2003年11月)

・ボタニカルアート教室にて亀井良子氏に師事。(2003年12月~2010年3月)
教室のグループ展(2004年、2007年、2009年)に出品。2006年にピッツバーグのPhipps Conservatory and Botanical Gardensにおける亀井良子教室展に出品のため渡米し、Carnegie Mellon大学のHunt Institute for Botanical Documentationも訪問。
・2007年に日本植物画倶楽部に入会し、2008年第11回巡回展の東京展および北海道展に出展。2009年10月に第12回巡回展・兵庫展にカランコエ・ガストニス・ボニエリを出展。
・2010年3月に亀井教室を退会。以後今日まで一人で創作活動及び日本植物画倶楽部への出展を行う。

・2011年2月第13回倶楽部展東京展に出展。
・2011年11月1日に夫正夫の風景写真と恂子の植物画の本『心に残る風景・心を動かした植物たち』を出版。2011年11月9日より第13回倶楽部展の京都展に出展。
・2012年3月第14回東京展に出展。2012年12月名古屋東山植物園にて日本の固有植物1点、2013年2月に茨木県自然博物館にて日本の固有植物2点出品し、それぞれの会場を訪れた。
・日本植物画俱楽部展15回、16回、17回、18回、19回、20回、21回、22回(2021年8月)に出展。
・2019年10月第21回倶楽部展大阪巡回展に出展。
・2020年12月25日発行の『日本の固有植物図譜』でムラサキマユミとマルバキンレイカの原画を担当。


*科名、学名は作品掲載当時の図録に基づき表記しております。
▲ページ先頭へ