【福永三彌子:アダン (タコノキ科) Pandanus odoratissimus】

アダン (タコノキ科) Pandanus odoratissimus

(透明水彩 26.0×23.5cm)
 2020年4月1日更新

作者 プロフィール

福永三彌子 Fukunaga, Miyako (広島県)

平成9年頃、NHKの「趣味百科」という番組で、初めてボタニカルアートに出合い心惹かれました。
草花は大好きでしたが、詳しい知識もなく、ただ花を描きたいという思いで数年後NHKのボタニカルアート講座を受講。現在は木崎なおみ教室にお世話になっています。
木崎先生の丁寧で熱心な教えと、仲間の方たちにもらう刺激のお陰で少しづつ自分らしい絵が描けるようになりました。今まで気付かなかった植物の仕組み、生命力、働きなどを知るにつれ魅了され感動しています。道端に咲いている一輪の花が愛おしく思えるこの頃です。これからも先生から頂いたアドバイスを基に、観察力を磨き、ありのままの姿を描くという基本に沿いながら、その植物の持っている魅力を表現できるよう努力していきたいと思います。

このページの上部へ▲


カテゴリーでブラウズ

並びは五十音順です。

作者名

植物名(作品名)