今出恵子 Imade, Keiko

2011年10月 2日

【今出恵子:ノブドウ(ブドウ科)Ampelopsis glandulosa var. heterophylla】

ノブドウ(ブドウ科)Ampelopsis glandulosa var. heterophylla

いつもの散歩道、フェンス一面に生い茂っていたノブドウ、農作業には邪魔とみえ何度も切られるが力強く繁殖していた。球形の実は、淡緑色から紫色を帯び碧色になる。

葉の裏から妖精が出てきそうなノブドウ。後にブドウタマバエ、ブドウトガリバチの幼虫が寄生すると聞き、実は虫のゆりかごだった。ノブドウの役目を改めて知る思いでした。

作者 プロフィール

今出 恵子 Imade, Keiko(埼玉県)

幼い頃、担任の先生の水彩画をみては、大きくなったら私も描けたらと漠然と思っておりました。子育てもほぼ終わり、そんな時、素敵な植物画と出会い教室に通うことにしました。

植物学的要素に芸術性が求められていると思います。本物の植物に如何に近づけるか、始めたころも今も私の課題です。

 今年担任の先生にクラスメイトと共に上野で40年ぶりの再会を果たしました。入ったばかりの私にこの様なギャラリー掲載の場を与えて頂き有難さと気恥ずかしさで一杯です。

このページの上部へ▲


カテゴリーでブラウズ

並びは五十音順です。

作者名

植物名(作品名)