【貴島せい子:ニンニク(ネギ科)Allium sativum cv.】

ニンニク(ネギ科)Allium sativum cv.

農家で栽培された、みずみずしい朝掘りの株が直売所で入手できた。
ルーペで覗く花の巧妙さに夢中になった。広義ではユリ科なのに内花被片、外花被片を合わせて7片の花をいくつも見つけた。
ひと昔前の楽しい日々が懐かしい!

作者 プロフィール

貴島せい子 Kijima, Seiko(兵庫県)

 学生時代は高度成長期が始まり、また大学紛争の真只中で混沌とした社会情勢でした。
その頃の私は西洋文化への憧れでいっぱいでした。
ある夜、古本の洋書専門店で手にしたのは野草が描かれた本でした。
開いたページはキンポウゲ科のブルー系の花、画面の左端には根が描かれていた絵を今も鮮明に覚えています。

 20年後、小西先生の植物画教室に通いはじめ、植物の生態を観察する大切さを教えて頂きました。
植物の持つ生命力、水と養分を吸収して成長する根元を掘り上げた時、地下で蓄えていた年月の営みを知ると思わず「ワァー!」と声に出してしまう事もあります。
フィールドや道端で魅力ある個体との出会いに制作意欲を駆り立てられます。
そして植物画を通して多くの方と知り合え、ご指導を受ける事があります。
植物画イラストレーショングループ「GREEN GRASS」を結成し、展示や教室を開催してきました。

思い出に残るのは、黒川和典氏のご尽力でアメリカの植物画グループ「Art Botanica」との交流展をNew Yorkと兵庫県で開催する事が出来た事です。
近年では、後輩の画家達と共に「キヨスミウツボの生活展」を開催しました。
年月を経て彼女達から刺激を受ける立場になりました。

このページの上部へ▲


カテゴリーでブラウズ

並びは五十音順です。

作者名

植物名(作品名)