北博子 Kita, Hiroko

2017年6月15日

【北博子:ガクアジサイ‘三原八重’(アジサイ科(旧ユキノシタ科)Hydrangea macrophylla f. normalis ‘Mihara-yae’】

ガクアジサイ‘三原八重’(アジサイ科(旧ユキノシタ科)Hydrangea macrophylla f. normalis ‘Mihara-yae’

装飾花はその名の通り八重咲きで、それを支える花柄は紫がかった鮮やかな青。花の青と蕾の黄緑が混在し、周りの白い装飾花とのコントラストが美しいアジサイです。
このミハラヤエに初めて相模原北公園で出会い、その凜とした華やかさに魅かれました。季節を変え、冬芽にも会いに行きました。6 ~ 7 月の花時に描いた絵の傍らに、冬芽の可愛い姿を添えるのは楽しい作業でした。

【北博子:アメリカノリノキ ‘アナベル’ (アジサイ科)Hydrangea arborescens  ‘Annabelle’】

アメリカノリノキ ‘アナベル’ (アジサイ科)Hydrangea arborescens ‘Annabelle’

6月下旬の相模原北公園アジサイ園。外国種ゾーンで一際目立つアジサイ「アナベル」の群生。白い手毬のような大輪はこれぞアナ雪の女王!アナベルの白さを強調したく、ブラックボードに白鉛筆・透明水彩で描写した。(透明水彩・鉛筆 26.0×23.0cm)

作者 プロフィール

北博子 Kita, Hiroko(東京都)
大阪市出身。結婚を機に東京へ。大阪・東京のバイリンガルです。
1996年、多摩市のグリーンライブセンターで開催の植物画講座で初めて植物画に出会いました。
講座終了後、受講者有志でグループを作り、講師の小林英成先生に月一回教えていただくことに。
以降、植物画との長い付き合いとなりました。
現在フルタイム勤務で、平日のグループの教室には出席できません。
植物画との糸は切りがたく倶楽部に入会しました。
とにかく課題と提出期限がないと忙しさにかまけて制作できませんので。
“リタイアー後は思い切り絵に没頭したい” これが私のささやかな夢です。

信濃毎日新聞社、神奈川新聞社ほか発行の「片桐義子 花日記」(2005年)、および

信濃毎日新聞ほか地方紙数社のコラム「植物再見」(2006年)のイラストに自然史植物画研究会の一員として参加。

最近、会社の帰りにクラシックバレエの教室に通いはじめました。
鋼(はがね)のような硬い体を軟らかくして、姿勢よく、おばあちゃんになっても元気でいられるように。
植物画とクラシックバレエ、どちらも長く続けられますように。

このページの上部へ▲


カテゴリーでブラウズ

並びは五十音順です。

作者名

植物名(作品名)