永野節子 Nagano, Setsuko

2017年12月15日

【永野節子:エンシュウハグマ(キク科)Ainsliaea dissecta】

エンシュウハグマ(キク科)Ainsliaea dissecta

企画ではエンシュウハグマ、ソナレセンブリ、ヤマタバコと静岡に馴染があり観察しやすい物を選んだつもりですが、山に登ったり遠く伊豆まで出かけたりと苦労も多かったです。それでも諦めずに描き上げることができたのは、丁度の花時を知らせてくれたり、苗を分けてくれたりと何かと世話をやいて助けてくれた植研の仲間でした。
こうして描きあげた企画の作品は私の大切な財産です。
(第13回 日本植物画倶楽部展図録 企画テーマ部門「日本の固有植物」掲載)

【永野節子:ジャボチカバ (フトモモ科)Myrciaria cauliflora】

ジャボチカバ (フトモモ科)Myrciaria cauliflora

南米のブラジルに分布する。ブラジルではポピュラーな果実です。雄しべをたくさん突き出した白い花が幹から直接咲き、巨峰そっくりの実がなります。常緑の果樹ですが、静岡の我が家では冬に葉を落とします。
(透明水彩 48.0×33.5cm)


作者 プロフィール

永野節子 Nagano, Setsuko(静岡県)

植物画との出会いは30年近く前の理科のイラストの仕事がきっかけでした。実験道具から星座、動物、昆虫、植物etc理科に関するものすべてが仕事でした。中でも植物大好きで植物研究会会員の私の嬉しい仕事は当然植物を描くこと! 教科書に描かれた絵を真似ながら仕事をさせて頂きました。
中でも佐藤弘喜先生の植物画は素晴らしく、いつか先生のもとに・・と夢を持ちながらの日々でした。
夢かない佐藤先生のもとに、先生亡き後は浅野、小高両氏に師事し今現在は吉田佳子先生のプロフェショナルコースで勉強させて頂いています。まだまだ修行の身ですが、静岡、浜松のカルチャーで植物画の講師として植物画の普及にも努めています。

受賞歴
H22 JGSボタニカルアート展(オオバオオヤマレンゲ)中日新聞社賞 H23 JGSボタニカルアート展(レモン)主婦の友社賞 H24 JGSボタニカルアート展(ハグマ3種)園芸協会社賞

このページの上部へ▲


カテゴリーでブラウズ

並びは五十音順です。

作者名

植物名(作品名)