佐藤潤子 Sato, Junko

2020年1月15日

【佐藤潤子:タラノキ( ウコギ科)Aralia elata】

タラノキ( ウコギ科)Aralia elata

北海道では「タランボ」と呼ばれ、タラの芽の天麩羅は絶品である。8月に開花。自宅庭のウド(ウコギ科多年草)の花と実にびっくりするほど類似する。仕上がりまで長時間を要したが、楽しく描くことができた。(透明水彩 34.7×23.5cm)

【佐藤潤子:エゾニワトコ( レンプクソウ科) Sambucus racemose subsp. kamtschatica 】

エゾニワトコ( レンプクソウ科) Sambucus racemose subsp. kamtschatica

残雪中の芽吹き、紫色の蕾、練色の花、紅色の実へ変幻自在の画材を追い掛け必死に描いた。今回は花と実のある枝を一枚の絵にした。(透明水彩・鉛筆 35.0×23.9cm) 2020年1月15日更新

作者 プロフィール

佐藤潤子 Sato, Junko(北海道)

1957年  札幌市生まれ
2000年  植物画を福澤レイ先生に師事
2001年  さっぽろ植物画同好会入会
2007年  北海道植物画協会入会            
2017年  日本植物画倶楽部入会
 
<現在の活動状況>
2010年 真狩村 医療法人「野の花」にて、植物画教室開始
2018年 NHK文化センター札幌にて植物画講師

<受賞歴>
第21回 福岡市植物園植物画コンクール
     福岡市長賞受賞
第36回 国立科学博物館・植物画コンクール佳作入選


このページの上部へ▲


カテゴリーでブラウズ

並びは五十音順です。

作者名

植物名(作品名)