佐藤和美 Sato, Kazumi

2010年11月 4日

【佐藤和美:マサキ(ニシキギ科)Euonymus japonicus Thunb.】

マサキ(ニシキギ科)Euonymus japonicus Thunb.

植えて何年たったのか分かりませんが、マサキに地味な黄緑色の4弁の花が咲きました。
けれど興味がなく、見過していました。
果実が出来ると、とても美しく色づき、美味しそうに果実が割れて、鳥を誘っているように思いました。
私も誘われるように描いてみました。
年が明けて花が咲いたので、添えてみました。
常緑低木で海岸に多く、潮風に強いそうです。

【佐藤和美:ブルーキャッツアイ(オオバコ科(旧ゴマノハグサ科))Otacanthus caeruleus】

ブルーキャッツアイ(オオバコ科(旧ゴマノハグサ科))Otacanthus caeruleus

夏、青紫色の鉢植に目がとまり、買いもとめました。
花は穂状に次々と咲いて、花冠は細長い筒状で先は二唇に開き、舷部は平らで青紫色の喉部が白いのでオタカンサスカエルレウスと名づけられています。
葉にふれると良い香りがし、爽やかな気持ちになります。秋の終り頃まで咲いていました。
ブラジル南部に分布し、常緑矮性低木で、葉は草葉で対生だそうですが、私の家では、冬には枯れてしまいました。

作者 プロフィール

佐藤和美 Sato,Kazumi(兵庫県)

植物画を始めて19年になります。小西美恵子先生の教室に入り、指導していただき、庭の草花や木を楽しみながら勉強しています。
子供の頃に遊んだ草花を思い出して、少しでも自然にふれるような花達が描ければよいのに、と思いつつ、筆を持っています。
このところ、ルーペや20倍に拡大される顕微鏡で植物を見て、小さい花も大きい花と同様に装飾や造りが複雑に出来ている様子に感動し、また魅了されています。
これから、もう少し軽く自然に彩色できれば良いのに、と思いながら描いています。

このページの上部へ▲


カテゴリーでブラウズ

並びは五十音順です。

作者名

植物名(作品名)